information


こちらはイラストレーター・漫画家のタテノカズヒロのHP-メインページです。
お仕事のご依頼お待ちしております。(プロフィール
メールは「 tateno★studio-ggy.com 」へ(★を@にお変えください)
数学マンガブログ(コチラ

2011年6月21日

【01】カットよっちゃん


『勝手にイメージガール』

【01】カットよっちゃん(よっちゃん食品工業株式会社

よっちゃん食品工業株式会社 御中

いつも美味しい「よっちゃんイカ」を作って
いただきありがとうございます。

まことに僭越ながら、「カットよっちゃん」を応援させていただきたく、
イメージガールを描かせていただきました。




「カットよっちゃんガール」<クリックで画像拡大>

-----------------------------------

↑カットよっちゃん。

安くて、美味しいのはもちろん、
この小さな袋に入ってる量がちょうどいい。
テレビを観ながら、ビールを飲むなんて時、
これ以上量が多かったら、食べきれずに、
途中で封をしなくちゃならない。
-----------------------------------
まずは、勝手にイメージガール。
目指せ、ホントのイメージガール。

『勝手にイメージガール』とは

バックナンバー

-----------------------------------

2011年6月20日

新企画名は「勝手にイメージガール」


新企画名は『勝手にイメージガール』です。

勝手にイメージガールを描いていきます。

企画内容詳細はコチラ。

でも、実際に進めていって、イラストをご覧いただかないと
この文章の説明だけではよくわかんないと想います。

さて、第一回に描いたこの女のコは
何の商品のイメージガールでしょう?



2011年6月19日

『勝手にイメージガール』とは─


まずは、勝手にイメージガール。
目指せ、ホントのイメージガール。


『勝手にイメージガール』とは─
イラストレーター・タテノカズヒロが、いち消費者として、
大好きな商品、お世話になっている企業の
イメージガールを勝手に描かせていただく企画です。

***

新しい広告手法をご提案させていただきます。

私が描かせていただいた女のコを
貴社のイメージガールに起用してみませんか。

グラビアアイドルや女優さんを起用するよりも
ずっと経費の節約もできるイラストイメージガールの可能性は、無限大です。
突然のスキャンダルによる、広告起用の急遽の中断、
商品のイメージダウンなんてこともございません。

タテノカズヒロが責任を持って
描かせていただきます。

<補足説明>

・もちろん生身ではございません。
・ですが、擬人化やデフォルメを介した
 キャラクターではなく、あくまで普通の人間の女のコです。
・萌えキャラでもございません。






2011年6月18日

新コンテンツ始動。


新コンテンツを始動させます。
今度はちゃんと続くかな。
続けさせたいな。

数学漫画ブログは「漫画」と「数学記事」のコンテンツですが、
新企画は「イラスト」を描いていくものです。

どういった内容かについては
次回以降の更新に書くことにして、
ひとまず第一回のイラストだけをアップすることにします。

これがどういう意図のもと描かれたものか。
わかった人は勘が鋭い。

まず先に説明なしにイラストだけアップすることによって、
クイズの要素も加わるな。

2011年6月17日

結局、描きました、伊藤ハム子。


伊藤ハム子(6月9日のブログ参照)を、結局描きました。

壁紙も作ってみました。

※壁紙のページ。




※クリックで拡大。

刑事ハム子の存在に気づくやいなや、
きびすを返し、走り出す容疑者。
慌てることもなく、ゆっくりと鞄に手を入れるハム子。
次の瞬間、ハム子の手から何かが放たれた。
後頭部に激痛が走り、転倒する容疑者。
コロコロと転がるそれを見つめ、、
容疑者はつぶやきながら、気を失った。
「ハム...。」


2011年6月15日

カエルに見えてきた


昔の仕事のイラストを整理してたら、
だいたい忘れちゃってて、
「こんなイラストも描いてたっけか」というような
意外なものもあって面白ぇ。

こんなエロオモロイやつ、、『non・no』に描かせていただいてたんやなぁ。
また、描きたい。



2011年6月14日

何丁目の娘だ!


断捨離くん再開を祝して描かせいただいたイラストを
室木おすし画伯のブログで紹介していただきました。
逆輸入的です。ありがとうございます。
描いてる時楽しくて、こうして喜んでいただけると
さらにまた嬉しい。

室木おすし画伯blog「江戸前妄想寿司」
http://lemotto.blog4.fc2.com/blog-entry-615.html

何丁目の娘だ、て。
なんやろ。
なんか、昭和的フレーズ。


2011年6月12日

ねり消し




ねり消しをなかなか買いに行けない
ネット通販は、本体よりも送料が高くて、ばかばかしくて注文する気に
ならない。

そう、今日は特にブログに書くことがございません。

「つぶやきボタン」を設置してみました。



2011年6月11日

麗子祭りからのおっぱいチャンス


ここ数日、さきがけ麗子先生4周年似顔絵企画
プロのイラストレーターさんたちがどんどん参加するという
麗子祭りがTwitter村が開催されとります。

カツヤマさんも麗子祭りに参加されて
その勢いで数学漫画ブログ第5話の登場人物「ミホ」も
描いてくれました

うれしい。携帯待ち受けにしようかな。ありがとうございます。

祭りの一方、断捨離くんも再開しております。


<クリックで画像拡大>


2011年6月10日

ハム子その後


きのうのブログに書いた伊藤ハム子の件ですが、
最終的にカツヤマさんが突如描き、
空気読めない横入りのつもりだったんだけど、、
沼田とタテノが普通に「わー」っつって、喜んじゃうというオチとなりました。
僕は、ハム子を描かないので、
その、ハム子byカツヤマさんをお楽しみください。

カツヤマさんとはお会いしたことないけど、
Twitterとワラストのおかげで、
一度お会いしたことがあるような気持ちになってる。ふしぎ。

ハム子は描かなかったけど、
「ま」さんを描きました。

※「ま」さんについてのつぶやき。

2011年6月 9日

出会うこともないまま、サヨナラ伊藤ハム子。


今日までに1628ツイートしてきたが、
昨日放ったつぶやきが、その中で一番悲しきものとなった。



「10RTぐらいはいくかな。20はいかないだろうから、描かずに済むかな。
でも、もし20も来たら、嬉々として描こう」てなことを思いながら、
つぶやいた結果、たったの5人。

RTしてくれた人にもかえって申し訳ない。

今となっては沼田君のつぶやきさえも、悲しい。


2011年6月 7日

ウォンテッド


先日描いた「20代女性」と「30代女性」のイラスト。
左の女性のキャミソールの丈の長さが短くてダサいのは、
「露出多めで」というご注文があったからです。

どこかの、おそらく美容関係の、広告に、載っている 、思います。

至極あいまいな情報ですが、お仕事させていただいた時に
知らされず、こちらからも伺わなかったので、わかりません。
へへへ。

見かけた方はご一報いただけると幸いです。




<クリックで画像拡大>


2011年6月 6日

冷製パスタはじめました


●数学漫画ブログ

次回は、このブログのタイトルにもなっている
「サイン、コサイン...」をテーマにして、6月下旬更新の予定です。

よろしくお願いいたします。

●冷製パスタはじめました。

昨日の晩ご飯は、今夏、はじめての冷製パスタ。


ブロッコリーとアスパラ。焼いて、粉チーズかけて。


プチトマトの冷製パスタ。


2011年6月 2日

ギャップ


 被災地や東京から大阪へ来た友人に会うと皆、
「ギャップがある」という感想を聞かせてくれる。

総理は造反を押さえるために、解散総選挙をチラつかせて、けん制しているという。
被災地では選挙は到底無理だいう声が上がる。

永田町でさえ被災地とギャップを作っている。
どうなっとんじゃ。

お。高須さんも怒ってる。

 なまくらで政治を斬った後は、
昨日の晩ご飯を紹介します。

風邪を引きかけたので、ウイルス対抗メニューとして、
スタ丼を作りました。



ニンニクを大量に投入したのに、吉祥寺どんぶりに比べると、ニンニク感が足りない。
ありゃ、かなり入っとるな。
スタ丼、旨。
大阪にも店、あるかな。

 イラストレーター沼田健くんの4コマ漫画ブログ『さきがけ麗子先生』の四周年似顔絵企画に参加しました。
二回目です。
御礼に沼田くんに数学漫画ブログより、「山本優里ちゃん」と「田辺っち」を描いていただいてます。


2011年6月 1日

AKBを見てはいけない。


 AKBを見ない日はない。
 
 テレビをなんとなく観ることを避け、積極的に見たい番組だけ選択しても、これだけ出演しているとどうしたって目に入ってくる。
 
 ダウンタウンが好きで「アカン警察」を見てんのに、自動的にAKBが目に入ってくることになる。
 
 名前や顔や特徴などの情報がどんどんインプットされる。秋元才加が割合頭がよく、こじはるが勉強ができないことを、オレが知っているのは、AKBファンだからではなく、めちゃイケファンだからだ。

 否応なしに、だんだん好きになり、総選挙が生放送でやるらしいと聞けば、既にちょっと観たくなってしまってるオレがいる。いや、観ないけど。いやいや、観たいなら観ろよ。不必要な小さな葛藤も生まれる。
  
 楽しんごも、テレビを観るのが一日数時間でも、ほぼ毎日視界に飛び込んでくる。もし、街で偶然遭遇したら、感動するだろう。しかし冷静に考えたら感動する理由はほとんどないのにです。

 テレビというものは、昔からそうなんだけど、そんなことが最近「やだなー」と思うようになっていたら、本屋でこんな書籍を見つけたので買ってみました。

 

 途中までしかまだ読んでないけど、テレビを観ることで起きるデメリットが理論的に書かれてあります。
 ふむふむ、なるほど。
 自信にあふれた文章が、むしろ書かれてある情報を受け入れることに慎重にさせますが、書かれたあることはどれもこれも興味深い。

 苫米地、とまべちさん、かわった名前、だな。